低金利で安心!銀行でお金を借りる

低金利で安心!銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りるには

 


1. 銀行から低金利でお金を借りるには

銀行,お金を借りる

銀行でお金を借りる方法として、住宅ローンや教育ローンなどが有名ですが、借入目的が自由で借入限度額の範囲内で何度でもお金を借りることができ、 総量規制の対象外のため収入以上の大口借入も可能な銀行カードローンが注目されています。

銀行のカードローンは、即日融資でお金を借りれる消費者金融のカードローンと比べて低金利でお金借りることができるのが特徴で、金利の影響を受けやすい長期借入や大口ローンの際にも選ばれています。 また、銀行ならではの安心感や信頼感もあるため、初めてお金を借りる方にも人気のキャッシング方法といえます。

消費者金融と比べて審査が厳しいといった見方がありますが、初めてお金を借りる方や他社借入件数が少ない方などは審査に通りやすい傾向にあります。
土曜日にお金を借りる、日曜日にお金を借りる、休日にお金を借りる(祝日にお金を借りる)といった場合でも対応している銀行や、口座開設不要でお金借りれる銀行もありますので、検討されてはいかがでしょうか。


▲お金を借りるならカードローンが便利!【徹底解説】



2 低金利で安心の銀行カードローン一覧

銀行,お金を借りる

在籍確認について
三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック
三井住友銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク
オリックス銀行カードローン
イオン銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
大手銀行カードローンから融資を受ける際の特徴として、低金利はもちろん、 来店不要でお金を借りれるWEB完結や審査回答最短30分、即日借入可能など、安心の対応力が魅力です。

また、銀行のカードローンというと銀行が営業している平日の午後3時までで、 窓口のみでの受付と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、店舗店頭窓口での申し込みはもちろん、 インターネット申込、電話申込み、自動契約機での申込など申込み方法も豊富で、 土曜日、日曜日、休日、祝日でも受け付けている銀行もありますので、低金利で安心してお金を借りたい方にオススメです。


3. 銀行でお金を借りる金利とは

銀行,お金を借りる

銀行でお金を借りる際に気になるのが金利ですが、銀行カードローンの最大の特徴ともいえるのは金利の低さです。
銀行=低金利というのは、もはや一般常識とも言える事実ですが、具体的な金利の仕組みはこちらになります。

金利の仕組みとは何か?
カードローンでお金を借りる際には、借入金額に応じた利息を支払う必要があります。こちらの利息は借入金額を返済する際に一緒に支払いますが、その利息の金額の計算基準となるのが金利です。

この金利が低いと、長期間借り入れをする場合や借入金額が大きい場合には支払う利息は少なくて済むので有利ですし、金利が高いとちょっとした金額を借りても利息支払いの負担が増えてしまうので、要注意です。

カードローンには借入限度額が設定されていますが、少額キャッシングをする場合の金利は、金利の幅の中でも高いほうの金利が適用され、 大口借入の場合は最低金利で計算されますので「高額借入だと倍掛けで利息が高くなる!」といったことにはなりません。

なお、銀行と消費者金融では、金利の設定に差があります。銀行は全体的に低金利なので、借入期間が長いときや借入金額が大きい時には、銀行カードローンがベストです。

ただし、消費者金融は銀行と比べて審査が甘い傾向にあるため、また、申込から審査回答までの対応も早く即日融資に適しているため、 審査に自信がない方や今すぐにお金を借りる必要がある方は、銀行カードローンよりも消費者金融キャッシングのほうがお金を借りやすいと言われています。

 

利息額の計算方法:
借入金額×実質年率÷365×借入日数=利息額



4. 銀行でお金を借りる理由とは

銀行,お金を借りる

銀行からお金を借りる理由
総量規制の対象外なので収入の1/3以上の借入ができる
低金利でお金を借りれる
安心感や信頼感がある
銀行でお金を借りる理由はさまざまですが、やはり、普段からお給料の受け取りやクレジットカードの引き落としや公共料金の支払いなどで、 銀行や郵便局を利用していることなどから、身近に感る方も多いようです。

ただ、銀行からお金を借りる理由はそれだけではなく、消費者金融と比べても銀行は低金利でお金を借りやすいというのも、銀行でお金を借りる理由となっています。

以前は、銀行からお金を借りるとなると、審査に数週間かかる場合もありましたが、一部の大手銀行カードローンでは、 申込日当日に審査が終了して、その日のうちにお金を借りれるといったサービスも提供さてはじめているのも、銀行カードローンが普及した理由といえそうです。

総量規制とは
総量規制とは、消費者金融などの貸金業者の個人の借入れを対象として、貸金業法改正により定められたもので 「原則として年収の3分の1を超える借り入れはできない」といった規定になります。

この規定により、消費者金融では高額借入が難しい場合でも、銀行なら(借入限度額の範囲内で)キャッシング可能となります。



5. 銀行でお金を借りる 必要なもの〜必要書類〜

銀行,お金を借りる

本人確認書類
運転免許証
パスポート
個人番号カード
住民基本台帳カード …など。
※顔写真のある公的書類
外国籍の方は、上記の書類とあわせて、在留カードまたは特別永住者証明書も提出する必要があります。

以前は健康保険証でも手続きが可能でしたが、現在は健康保険証単体では本人確認書類としては無効となり、あわせて住民票や公的書類なども必要と言われていますのでご注意ください。

収入証明書類

※一定条件以上の借入限度額の場合に必要です

最新の源泉徴収票
最新の確定申告書
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書) …など。

本人確認書類や収入証明書の提出を求められる条件とは
銀行によって、収入証明書や本人確認書類の提出条件が異なります。

口座開設が必須の銀行の場合、すでにその銀行の銀行口座を持っている方は改めて本人確認書類の提出は不要であったり、 利用限度額が200万円まであるいは利用限度額が300万円までの場合は原則として収入証明書の提出不要など、銀行によって基準がかわるので、お申込みの際にご確認ください。

銀行カードローンでお金を借りる際に不要なもの
カードローンで銀行からお金を借りる場合に、一見必要そうでいて実は不要なものとして、印鑑、保証人、担保があげられます。

特に、高額借入をするなら、担保や保証人が必要なんじゃないか…と思われがちですが、これらは不要となります。

なお、カードローンを利用するにあたって口座開設が必須となる銀行に関しては、口座開設の際に銀行印が必要となりますのでご注意ください。



6. 銀行でお金を借りる 方法とは

銀行,お金を借りる

銀行からお金を借りる 方法としては、カードローン、住宅ローン、自動車ローン(マイカーローン)、教育ローンなどたくさんありますが、 いずれの場合でも、審査は必ず必要になりますし、銀行でお金を借りる 必要なものや、銀行でお金を借りる条件などの基礎知識が重要となってきますので、 銀行でお金を借りる前には、あらかじめこれらの情報を把握しておくとスムーズにお金を借りることができます。

銀行でお金を借りる際の目的別ローンの種類
カードローン
住宅ローン(マイホームローン)
自動車ローン(マイカーローン)
教育ローン
トラベルローン
銀行や信用金庫では、住宅を買う際に適した住宅ローンや、自働車購入の際にメリットがあるカーローンなど、 それぞれの目的に特化しメリットがある目的別ローンでお金を借りることができますので、借入目的が明確に決まっている場合は、それぞれの目的別ローンを利用すると良いでしょう。

また、ほかの目的別ローンとは違って、銀行カードローンは利用目的が限定されないため、生活費の一部にあてたり、 お給料日やボーナス前の金欠の穴埋め、趣味や遊びにかかるお金の充当、病気や入院の資金、引っ越し費用、冠婚葬祭など、さまざまな使い道があります。

なお、銀行カードローンは利用的が自由ではありますが、基本的に法人の事業資金としては利用できないので、 仕事の資金としてお金の借り方には適しませんので、必要な方は別途、事業資金用のローンでお金借りるようにしましょう。


7. 銀行でお金を借りる条件とは

銀行,お金を借りる

年齢満20歳以上〜上限年齢(銀行によって異なります)で国内に居住する個人の方
原則として継続して安定した収入がある方
銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
銀行によって条件は異なりますが、基準となる条件はおおむねこちらになります。
契約社員、派遣社員、パート、アルバイトの方などの雇用形態は問われませんが、満20歳以下の方は申込できません。

なお、消費者金融は本人の年収の1/3を超える貸し付けはできないといった総量規制があるため、 借入本人自身に収入がなければお金を借りることはできませんが、銀行カードローンの場合は、 少額キャッシングや、専業主婦の方でも旦那に安定収入があった場合には借入できる…など、条件が異なります
※銀行によって条件が異なります。特に年齢の上限についてはお申込み前に銀行公式サイトにて条件をご確認ください。


8. 銀行カードローンの申込方法と特徴とは

銀行,お金を借りる

銀行カードローンでお金を借りるには、まずその銀行とカードローン契約を結ぶ必要がありますが、そのためにはカードローン申込みをしなければなりません。 銀行のカードローンでは、申し込み方法が豊富なので、メリット・デメリットを把握して、ご自身のライフスタイルにあった申込方法を選びましょう!

インターネット申し込み
場所も時間も関係なくスマートフォン、パソコン、ケータイなどから24時間365日いつでも申し込める
来店不要で申し込めるので、誰にも会わずに申し込める
申し込んだ後に審査結果が出るまで、窓口などで待つ必要がないので時短申込として最適

店舗窓口/店頭窓口
スタッフと返済額や返済期間などの返済計画や、そのほか疑問点などを相談しながら契約申し込みできる
受付対応時間が決まっているので土日休日や平日夜間の営業時間外には申込できない
審査回答が出るまでの待ち時間が発生するので、その場で待っていると人にバレる可能性がある

自動契約機・無人契約機
パネル操作で気軽に自動契約申し込みができる
カードや必要書類等をその場で受け取れるので、自宅に郵送物が届かないため、家族や人にバレずにお金を借りることができる
審査回答が出るまでの待ち時間が発生するので、その場で待っていると人にバレる可能性がある
受付対応時間が決まっているので営業時間外には申込できない

電話
来店不要で契約申し込みができる
電話口にて個人情報を伝えるので、電話をかける際には注意が必要
住所や名前の漢字の説明など、口頭でのやりとりが面倒かつ正しく伝えないと間違える可能性ある
住所や名前の漢字の説明など、口頭でのやりとりが面倒かつ正しく伝えないと間違える可能性ある

郵送
審査を開始するまでに時間がかかるのでお金を借りるのが遅くなってしまう

メリットだらけのインターネット申込とは
数ある銀行カードローン申込み方法のなかでも、メリットが多いのが24時間365日いつでも申込が可能なインターネット申込です。 インターネット申し込みはWeb申込とも言われ、店頭窓口や店舗窓口まで出向くことなく来店不要でカードローンの審査申し込みができる方法です。

スマホ、パソコン、携帯電話などから、場所や時間に縛られることなく気軽に申込みできるので、店舗までわざわざ足を運びたくない忙しい方でも仕事や家事の合間や移動の待ち時間などに利用できます。

また、インターネット申込&振込キャッシングを利用することで、カードローンの申込みから借入まですべてをWEB完結できるので、家族や会社の人にばれたくない!という方は、 まったく人に会わずにお金を借りることができるため、誰にもバレずにお金を借りたい人にも、うれしいキャッシング方法となります。

インターネット申し込みによるデメリットはないので、銀行のカードローンにお申込みになる際には、WEB申込をされてはいかがでしょうか。


9. 銀行でお金を借りる 審査とは

銀行,お金を借りる

銀行でお金を借りる際の審査というと、やたらと厳しいイメージがありますが、初めてお金を借りる方や他社借入件数が少ない方は、必要以上に心配することはありません。

ただ、銀行の審査は消費者金融と比べて審査が厳しい傾向にあるため、返済遅延や延滞などの返済事故や、 自己破産や任意整理などの債務整理を行っている場合、携帯電話の支払いが滞っているなどの事故情報がブラックリストに載っている場合には、注意が必要です。

そういった意味では、銀行でお金を借りる際の審査は厳しく、中堅の消費者金融やいわゆるヤミキン(闇金)といった業者のように、 ブラックでも借りれる…といったことはまずないので、すでにブラックリストに登録されている方(信用情報に情報が登録されている方)につきましては、 銀行の審査に通るのは難しいとか考えられたほうが良さそうです。



10. 銀行でお金を借りる 学生の場合について

銀行,お金を借りる

学生が銀行でお金を借りるのは難しいのでは…と思われがちですが、学生でも銀行からお金を借りることができます。 ただ、銀行によって条件が異なりますので、借入の際には条件をご確認ください。

学生が銀行からお金を借りる条件とは
  1. 年齢が満20歳を超えていること
  2. アルバイトなどによる収入があること
ただし、収入に関しては、絶対条件ではありません。三菱東京UFJ銀行などでは、満20歳以上〜65歳未満の国内に居住する個人の方であれば、 学生さん本人に収入がなくても、お金を借りることができます。(別途、審査などは必要です)



11. 銀行でお金を借りる 保証人について

銀行,お金を借りる

銀行からお金を借りる際に気になるのが保証人の有無についてです。
借入金額が大きくなればなるほど、保証人が必要なのでは…と思われがちですが、銀行カードローンにおいて保証人は必要ありません。

ただ、借入条件に「銀行指定の保証会社の保証が受けられる方」とあるように、各銀行が指定している保証会社の保証を受けるために審査に受かる必要があるのです。

銀行カードローンにおける保証会社一覧
三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック:アコム株式会社
三井住友銀行カードローン:SMBCコンシューマーファイナンス
新生銀行カードローン レイク:新生ファイナンシャル株式会社
オリックス銀行カードローン:オリックス・ クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
イオン銀行カードローン:イオンクレジットサービス株式会社または オリックス・クレジット株式会社
じぶん銀行カードローン:アコム株式会社


12. 銀行のカードローンの返済について

銀行,お金を借りる

土日休日(祝日)は休みで、平日の午後3時までしか窓口が空いていない銀行ですが、銀行カードローンは、土曜日曜休日(祝日や祭日)でも、返済が可能です。

店舗ATM、提携コンビニATM、振込返済、口座引き落としによる返済など、返済方法も充実しているので、借りたお金を返しやすいのも助かります。

また、月々決まった金額での返済となりますが、臨時収入が入った!ボーナスが入った!手元の資金に余裕ができた!などの場合には、 一部繰上返済や、全額返済もできるので、「お金を借りたのはいいけど利息がもったいない」という方でも安心です。


関連ページ

即日融資!消費者金融からお金を借りる
今すぐにお金借りたいなら大手消費者金融がベスト!申込条件、必要書類、申込方法、土日休日キャッシング、総量規制、返済方法など、役立つ情報を公開中です|すぐお金を借りたい方へ