銀行でお金を借りたい

銀行でお金を借りたい

銀行からお金を借りる条件

銀行からお金を借りる時には、どのような条件があるのかご存知ですか。 細かな条件は借入先の銀行によって変わってきますが大まかな条件は下記のものとなります。

安定した収入があること。(主婦や学生の方でもパートやアルバイトをしていれば借入できる銀行もあります。)
未成年ではないこと。(未成年の場合は保証人が必要です。)
常に連絡の取れる方法を持っていること。(携帯でも可能です。)
過去に金融事故(支払い遅延・任意整理・自己破産)の履歴が無いこと。

必要書類
免許証等の身分証明書
源泉徴収票または給料明細書
(借入額によっては必要ないこともあります。)
銀行通帳・登録印
(口座開設不要で貸出している銀行もあります。)

上記の項目がクリアできている方で家や車を買うというように使用用途がはっきりと決まっている方は銀行の【目的ローン】の審査申込が、 使用用途を特定せず自由に使いたいという方は【カードローン】の審査申込が必要となります。 【目的ローン】のほうが提出書類も多く審査にも時間がかかりますが、借入額が高額となりますので低金利で借入することができます。 一方【カードローン】は目的別ローンより金利は高くなりますが、借入手続きが簡素化されているのでスピーディーに手続きを進めることができます。 銀行によっては即日審査が完了し振込がされるところもありますので、早急にお金を必要とされている方にもご利用いただけると思います。

まずお金を借りる場合、何を一番優先的に考えるかがポイントになってきます。 今すぐに必要だという場合は、審査に時間がかからず最短40分で振込が可能な消費者金融系のカードローンが候補になります。 一方、住宅の購入など高額な借入額を低金利で借りたいということだったら銀行の住宅ローン等の目的ローンがお勧めになります。 また借入することが初めてという方だったら、審査や手続きに少し時間がかかりますが銀行系のカードローンがお勧めです。 今までに借入がなければ審査にも通りやすく低金利で借入することが出来、限度額も消費者金融で借りるより高い設定にすることも可能です。 何より銀行で借入をしているということは安定感とともに安心感も得られます。

最後に、借入したお金は「借りているお金」だという意識をしっかりと持って、計画的に返済していきましょう。 そのためにもお金を借りる目的や緊急性などをしっかりと把握して、状況に合わせて賢く借入をしていきたいですね。

銀行でお金を借りたい記事一覧