借り入れ件数が3件までの理由とは

借り入れ件数が3件までの理由とは

借り入れ件数は基本的に制限があるわけではありません。 しかし、一般的には3件までと言われています。 その理由は、3件以上になると借り入れを行うことが難しくなります。 なぜならば、金融会社に借り入れを申し込んでも審査で弾かれてしまう可能性が高まるからです。 金融会社は、審査するとき多くが信用情報登録センターに問い合わせます。 そこでは申し込みをした人が、今までどのような借金をして現在何社から借り入れているのか借金履歴がわかるのです。 金融会社には、それぞれその借金履歴から独自の審査項目を設けられています。 返済が停滞していたり、多額の借金をしていたら審査にひっかかることは多くの人が知っているかと思います。 しかし、その基準となるものの一つに借り入れ件数があることはあまり知られていません。 件数が多ければ、それだけ月々の返済に追われる可能性が高いですし、「そもそも返済する意思がないのではないか」と疑われるきっかけにもなるのです。 なぜ金融会社が審査を行うかといえば、貸したお金を返してもらえる人物かどうかを判断するためです。 そのため、もしも複数の金融会社に借り入れをしようと考えているのならば、なるべく3件で目標の借り入れ金額に達するように計画を立てることが大切です。 ちなみに、抵当権や保証人を活用するときは、別の形で返済できる可能性が高まるため、審査のときに借り入れ件数に入れてない金融会社も多く存在しています。

お金の知識

借入極度額と契約限度額って違うの?
ローンや借金の契約書などで、この二つの項目はよく目にする言葉です。 この二つの言葉は、どのような違いがあるのでしょうか。 まずは、借入極度額についてです。 これは、一般的にはこの金額まで貸し出せますよというものです。 更に詳しく説明をすると、ローン会社や消費者金融などが行う審査で、この人にはこの金額まで貸し出せますよという上限枠を現しています。 一方、契約限度額とは、契約でこの金額までは利用できますというものです。 この場合は、あなたの利用可能枠はここまでですよと示したものになります。 カードローンやフリーローンは、審査後に決定された金額まで借り入れができ、また返済を行います。 この二つの違いは、利用の仕方によって変わります。 というのも、借入極度額の場合はローン会社や消費者金融などが、独自の審査を行って設定しているからです。 基本的にこの金額まで利用することが出来るようになっています。 契約限度額の場合は、債務者がどのくらいまで利用するかということがポイントになります。 使える枠の上限を、債務者があらかじめ設定していれば、その額になります。 もし消費者金融が100万円お貸しすることができますよと言っても、債務者本人が利用可能枠を30万まで引き下げることが可能なのです。 この場合は、借入極度額が100万隣、契約限度額が30万となるのです。 自身で制限をし、借入契約の際に使える金額を設定出来るなど、このような差が出てくるため、利用目的に応じて選択するのがいいでしょう。

与信管理により変わる債務者の信用
与信管理とは、顧客の与信(信用)を管理することです。 金融業界において顧客は債務者のことを指しますが、融資をする以上は債務者の与信が最も重要視されます。 というのも、お金を貸すということは、その貸したお金に利息をつけてきちんと返済をしてもらわなくてはなりません。 となると、返済能力がない人には融資することはできないでしょう。 そこで金融会社は、債務者の返済能力の確認を行った上で融資をするかどうかを決めます。 つまり、融資における債務者の返済能力が債務者の信用です。 返済能力は、個人のパーソナルデータである年収、職業、勤務年数といった基本情報から、金融機関や貸金業者からの融資内容や融資額、借入明細、返済明細などの情報から判断されることになりますので、債務者の信用を図るためにもこれらの情報は融資側がきちんと管理しておく必要があります。 これが与信管理です。 与信管理の目的は、単純に考えれば不良債権を防ぐことです。 管理されたデータがあれば、危ないと思われる顧客には初めから融資をしない、または融資途中で対策を採ることもできます。 この言葉自体は一般化していないので、消費者が知るところではありませんが、自分の情報が管理されているということは覚えていた方がいいでしょう。 もしも借り入れトラブルを起こすと、上記の理由からお金を借りられなくなってしまう可能性があるので、借入は計画的に正しく利用するということを心がける必要があります。