お金を借りるには審査が重要【すぐお金を借りたい方へ】

お金を借りるには審査が重要!

6つのポイントをチェック!

 

住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど、お金を借りる方法はたくさんありますが、日々の生活のなかでスムーズにお金借りるにはカードローンが便利です。
ただ、ひとくちにお金借りたいといっても、カードローンには審査があります。やみくもに申し込んでも誰でも借り入れできるというわけではありません。
お金を借りるには審査が重要!こちらのサイトでカードローン審査に関する6つのポイントをチェックしていきましょう!

 

急いでお金を借りたいならカードローンが断然便利!

お金,借りたい,お金を借りたい なぜカードローンが便利なの!?

 

@大手銀行各社が競ってカードローンサービスを提供していることもあり、近年、利息が低金利の傾向にあります。

 

A現金の引き出しや返済に、身近にある銀行・コンビニなどのATMが利用できるなど利用者にとってはとても便利です。

 

B一度審査を通しておけば、限度額の範囲内で新たにお金を借りる際にも、改めて審査を行う必要がないこともメリットと言えます。

▲カードローン【徹底解説】


 


1. カードローン審査基準とは

お金,借りたい,お金を借りたい


具体的な審査基準
消費者金融や銀行では独自の基準を設けていますが、その基準は表立って明確に示されてはいません。 年齢、収入、居住地など、確実に証明できる審査条件とは違って基準はあいまいなため、実際に審査が通らなかった場合でも審査に落ちた理由が明かされることはないのです。 では、基準がないのか?といったらそれは違います。

主な基準
過去および現在、返済遅延などがないこと(信用情報機関に登録されていないこと)
借り入れ件数が多く、多重債務状態におちいっていないこと
短期間で複数の金融機関に借入申し込みをしていないこと
返済能力があるか
消費者金融などの貸金業者の場合は、総量規制の範囲内であること
※総量規制とは、消費者金融などの貸金業者からの貸付の際にも適用されるもので、 原則として個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限されるというものです。銀行は総量規制の対象外となります。
年齢、国内居住、安定した定期収入の有無など、上記以外の既定の基準
キャッシング会社によって基準はさまざまですが、お金を借りるには審査が重要となりますので、まずは上記をチェックして臨みましょう


2 借入審査のしくみと在籍確認とは

お金,借りたい,お金を借りたい


銀行、消費者金融、信用金庫などでは、借入れの申し込みがあった方すべてに無条件でお金を借してくれるわけではありません。 キャッシングをする前に必ずと通らなければならないのが、借入審査です。 借入れ審査では基準を満たしているかの確認を行うと同時に、申込情報が正しいか、虚偽の内容が含まれていないかの確認も行われます。 お金を借りるための第一歩は、まず、正しい情報で申し込むことなので、入力間違いなどがないよう注意しましょう。

カードローン借入審査のしくみとは
カードローン審査に大きくかかわってくるのが「与信スコアリング」です。 スコアリングとは、カードローンを申し込んだ人のに関する情報を点数化、数値化したもので、カードローンの場合は属性スコアリングと信用情報スコアリングが行われます。 属性スコアリン:年収、勤務先、勤続年数、雇用形態、健康保険証の種別、住居の形態と居住年数、家族構成など 信用情報スコアリング:取引の実績や期間、返済履歴、今現在の借入残高、他社借入件数など

まずは、条件のひとつでもある継続的かつ安定的にお金を稼げているかの確認のため、年収、勤務先、勤続年数などがチェックされます。 最近では、アルバイト・パート・契約社員・専業主婦の方でも借りれるカードローンも増えていて、勤務形態自体がうるさく問われることはなくなってきている傾向もありますが、収入金額なども関わってくるため、借入限度額は制限されることもあります。 また新規で初めてお金を借りる方などは、借入残高もなくクリーンでまっさらな状態なので通りやすいのですが、長い期間にわたってお金を借りてきちんと返済して…といった取引実績がある方も借入れに関しての信用がついているので、審査に通りやすくなっています。

在籍確認について
会社への在籍を確認するため職場に電話がかかってくる
社名は名乗らず担当者名で電話がかかってくる
単純な在籍確認のため電話口で根掘り葉掘り聞かれることはない
電話がかかってきたときに外出などで本人が電話口に出られなくても会社に在籍していることがわかればOK
カードローン申込みの際に避けて通れないのが、勤務先への在籍確認です。 「会社に在籍確認の電話なんてかかってきたら、キャッシングしてることが同僚や上司にバレてしまうのでは!?」と心配されるかもしれませんが、消費者金融などでは担当者の個人名で電話かかってくるので、カードローン会社の名前がバレることはありません。 また、銀行の場合には基本的にストレートに銀行名でかかってきますが、申込の段階で「在籍確認の電話は銀行名ではなく個人名でお願いします」と伝えておけば、対応してくれます。


3. カードローン審査に落ちる理由とは

お金,借りたい,お金を借りたい


カードローン審査に落ちる理由とは
過去および現在、返済遅延などがある(信用情報機関に登録されている)
借り入れ件数が多く、多重債務状態におちいっている
短期間で複数の金融機関に借入申し込みをしている
消費者金融などの貸金業者の場合は、総量規制の範囲を超えた金額の借入希望をしてしまっている
年齢、国内居住、安定した定期収入の有無など、上記以外の既定の基準を満たしていない
お金を借りるには審査が重要ですが、カードローンの審査に落ちても、どういった理由で通らなかったのかは、教えてはもらえません。 考えられる点をつぶしていくしかありませんが、収入の1/3を超えて借り入れをしたい方は消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶとか、借入件数が多い方は銀行のおまとめローンや借り換えローンなどで借入件数を減らすなど、落ちないような工夫をすることも重要です。


4. 審査通過のコツとは

お金,借りたい,お金を借りたい


審査通過のコツ〜申込の際に気をつけること〜
申込内容の情報をしっかりと正しく入力し、間違いがないこと
複数のカードローンに同時申込をしないこと
借入希望額を少額にすること
基本として、入力段階での情報誤りに注意が必要です。 基準に通るか通らないかは申し込んでみなければわからない部分もありますが、少なくとも、年齢や日本国内住居やお勤めについてなど、申込条件としてはっきりとわかっている部分については、誤りがないよう確認をしてから申込みをしないと、虚偽の内容で申し込んだと受け取られてしまうことも考えられます。 また、複数のカードローンに同時に申し込みをしますと、あちこちに借入をしている状況で返済に不安がある…と受け取れれかねないため、審査通過率が下がってしまいますので注意しましょう。

借入希望額を少額にする〜消費者金融は収入の1/3まで〜
借入金額については、消費者金融の場合には「原則、収入などの1/3までしか借り入れできない」といった総量規制の対象となりますので、たとえば年収300万円の人が借入希望額200万円で申し込んでも審査には通らない…ということになります。 これは、「じゃあA社で収入の1/3以内の100万円借りて、B社で収入の1/3以内の100万円を借りればいいや」ということではなく、「貸金業者からの借入総額が年収の1/3を超えてはならない」というものなので、申込段階でそもそも1/3を超えているものや、他社含めた借入総額が1/3超えている場合などには、一発で審査に落ちてしまいます。 また、たとえ収入の1/3以内の金額でも、大きめの金額になりますと、その他の関連もあり審査に通らないこともあります。 まずは、少額借り入れからスタートをすると通過しやすくなります。

借入限度額の引き上げについて
カードローンを利用していくうちに、はじめは少額だった借入限度額を引き上げて増額することが可能です。 もちろん、借入限度額の引き上げに際しては信用を得ることが重要なので、返済日にはきちんと返済をするなど正しく利用することが大切です。 また、コンスタントに利用していると、借入限度額も引き上げやすいと言われています。


5. 審査の甘いカードローンとは

お金,借りたい,お金を借りたい


「審査の甘いカードローン」といった言葉をよく耳にします。 確かに、過去に事故を起こした方でも借りれるようなキャッシング会社もありますが、ブラックでも借りれるところってちょっとコワイ面もありますよね。 こちらでは、本当にここでお金を借りても大丈夫なの?と心配になるような業者ではなく、安心してお金借りれるオススメの大手カードローン会社のみに限って徹底解説しています。

審査に甘い=柔軟性があるということ
基準は業者によって異なりますので一概には言えませんが、審査に甘いカードローンや通りやすいカードローンというと、やはり消費者金融があげられます。銀行と消費者金融とを比べた場合では、消費者金融のほうが審査が甘くなるのでは…といった傾向があるのです。 カードローンの場合は属性スコアリングと信用情報スコアリングがあり、それぞれの項目で点数化されますが、その点数がハイスコアじゃないと通さない!というところもあれば、点数の設定が低めで通りやすい会社などがあります。 審査がゆるいということは審査通過率も良くそれだけお金も借りやすくなりますので、利用者にとってはうれしいのですが、「審査なしでお金を借りれる」といったうたい文句のカードローンなどは、安全性なども考えてリスクが伴う場合があるので利用を控えると良いでしょう。 この会社は大丈夫かな?という印象をもったら、カードローン契約をする前に、口コミなどで感想や評判をチェックして基礎知識を身に着けておくと、より安心してお金を借りれます。

恐れずまずは申し込みを
初めてお金を借りる方や、他社借入件数が少ない方などは、必要以上に恐れずまずは申し込みをされると良いでしょう。 現在、銀行や消費者金融では、主力のサービスとしてカードローンを取り扱っているため、積極的にサービスの提供を行っていますので、思った以上にスムーズにお金借りれるかもしれません。 また、すでに他社借入があるのだけど…という方も、きちんと返済をして正しく借り入れをしていれば、かえって取引実績の積み重ねになっていて有利な場合もありますので、まずは大手の消費者金融などで申し込みをしてみましょう!

審査に自信がない方にオススメのカードローン
SMBCコンシューマー ファイナンスのプロミス
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
三井住友銀行グループのモビット
東証一部上場のアイフル


6. 審査スピードの早いカードローンとは

お金,借りたい,お金を借りたい


「お金を借りる」というと、申込→審査&回答→借り入れまでに何日もかかって、実際にキャッシングするまでには時間がかかるといったイメージがありましたら、それは過去のものです。 特にカードローンの場合には、銀行などの金融機関の営業時間外でもある平日15時以降や土曜日、日曜日、休日、祝日(祭日)などでも、時間帯によっては審査申し込みをした当日中に借入することができるのです。 そういったスピード融資に対応しているのが、大手銀行系の消費者金融などです。 大手のカードローン会社では、スマホ、パソコン、ケータイなどでのインターネット申込みで24時間365日申込受付をしていたり、Web完結で誰にも会わずにキャッシングできたりといったサービスも充実しているので、非常に重宝します。

審査回答最短30分&最短1時間融資も可能なカードローン
SMBCコンシューマー ファイナンスのプロミス
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
三井住友銀行グループのモビット
東証一部上場のアイフル
三菱東京UFJ銀行のバンクイック

簡易審査や借入診断で事前にチェック!

お金を借りるには審査が重要ですが、多くの大手カードローン会社では、本申し込みをする前に「自分がお金を借りれるのか?」事前に確認することができます。 それが、簡易審査や借入診断です。
なかには3項目、4項目の入力でOKだったり、1秒審査、3秒審査、10秒審査といったように手間や時間がかからないものも多いので、審査申し込み前に気軽に試してみても良いかもしれません。
また、簡易審査の結果からそのまま本申し込みもできますので、無駄もなく便利です。

お金の知識
上手く借り入れるための業者の使い分けと申込書の書き方
家を買う時や車を買う時など、手元にあるだけでは買えない場合もあります。 その場合、銀行からお金借りることを検討する人も多いです。 お金を借りたいときに銀行は、住宅や車の購入、教育ローンなどの目的がある場合には低金利でお金の借入を提供してくれます。 しかし、銀行は誰でも貸してくれるわけではありません。 申込者を審査し、返済能力がある方のみに融資をしてくれます。 そのため、融資までに時間が掛かります。 具体的な申込方法ですが、まずは銀行へ行って相談をします。 そこでは、借入金額や返済計画をスタッフと相談しながら決めていきます。 住宅ローンを借りたいという場合には、金利タイプを選びます。 金利タイプは長期間かけて返済をしていきたいのか、短期間返済できそうなのかを考え選ぶと良いです。 借りる内容が決まれば申込書に記入をします。 重要な書類となるため、しっかり記入して下さい。 記入内容は、名前や住所、勤務先、勤務年数、年収などです。 この時、絶対に嘘を書かないで下さい。 消費者金融での借り入れがある場合には、隠さずしっかり記入して下さい。 銀行は総合的に判断しますので、消費者金融で借りていたとしても審査が通る可能性もあります。 ただ、少額ですぐに利用したいと思う事もあります。 そのような時には、消費者金融のカードローンや銀行が運営するキャッシングを利用しますと、比較的早く借りることができます。 こちらの場合、借りる理由は不要となりますが金利が高めです。 用途により使い分けを行うと良いでしょう。

学生がお金を借りるための理由と条件
学生だから貧乏でもいいとか、お金がなくても大丈夫だという時代はとうの昔に終わっています。 今は学生だからこそかかるお金借りたいと思うこともあります。 例えば、運動部に所属している場合、合宿費や遠征費などがかかります。 就職活動も交通費や宿泊費などに出費がかさみます。 当然、交際費などもあるでしょう。 多くは保護者の仕送りを生活費の主体にしていると思いますが、足りない分は、アルバイトで収入を得ている人もいるでしょう。 といっても、急な出費でどうしてもお金を借りたい場合があるかもしれません。 そのようなとき、近くに協力してくれるような親戚がいれば良いのですがそう都合良くはいかず、親にもお願いしにくいこともあるでしょう。 友人からお金借りるということは気が引けますし、友人との貸し借りはなるべくしたくないものです。 そんな時は、大手のキャッシング会社やクレジットカード会社のキャッシングサービスを利用してみるのも良いでしょう。 ただし、利用申込みをするには条件があります。 一つには年齢条件です。 たいていの場合、20歳以上でなければ利用できません。 ただし、未成年であっても、保護者の同意書があれば利用できる場合があります。 さらに、アルバイトなどによる一定の固定収入があることも条件となっている場合が多いです。 無計画な借り入れには気をつけなければいけませんが、学生にとってキャッシングによるお金を借りることは社会人になる前の一つの社会勉強にもなります。

誰にも知られずにお金借りたい方法を知ろう
誰にも知られずにお金を借りる方法を知りたい方はいらっしゃいませんか。 誰でも急に大きなお金を借りたいことはあるものです。 でも貯金がなかったり、手持ちの現金がなければどうしようもありませんから、そんな時は貸金業などにお金を借りることになると思います。 ただ、皆さんもやはり人間ですから知り合いに貸金業からお金を借りているなんて知られたくないという気持ちがあって当然です。 今は非常に時代が進歩していて、IT社会になっていますからもちろん貸金業界にもIT化が浸透しています。 だからこそ、スマホやパソコン、タブレット端末さえあればインターネット経由で簡単にキャッシング、カードローンの申し込みをしてそのまま審査して頂くことができ、さらに融資を受ける際も皆さんの所有している金融機関の口座を伝えておけば登録してもらえるので、申し込みから審査、さらに振り込みまですべて誰にも知られずにお金を借りることができるのでとてもおすすめなのです。 しかもお金を返済する際もそのまま振り込みをすればよいので、消費者金融会社などに出向かなくても良いというのがメリットです。 昔ならば直接店舗に行ったり、ATMに行ったりしなければならなかったのでたとえすりガラスがあったとしてもお店の近くをうろうろしているのを見られるのは抵抗がありますよね。 ですからインターネットで簡単に借りることができるというのは現代社会で非常に大きなメリットがあります。 だからこそ幅広い年齢の方が気軽に融資を受ける傾向が増えているのです。

緊急!今日申し込んで当日お金を借りる方法
どうしても緊急でお金を借りたい!手持ちの現金や銀行口座では間に合わないとしたら、どうしたらいいのでしょうか? キャッシングやカードローンに今日、新規で申し込みをし、当日中にお金を借りる方法を検討してみましょう。 コールセンターの営業時間中であり、即日振り込みに間に合う時間帯であれば、フリーダイヤルに電話をかけてください。 インターネットと違いタイムラグなく、出かける必要なく手続きができます。 業者によって異なりますが、審査に20分から40分、契約完了し、指定口座への振り込みが15時前に完了すれば当日中に口座にお金が入ります。 また、一部のネット専業銀行の口座なら、契約完了すれば、24時間いつでも瞬時に振り込みキャッシングができる場合があります。 電話の冒頭で今日中にお金が借りられるか、オペレーターに確認してから手続きするといいでしょう。 近くに無人契約機があれば、運転免許証などの本人確認書類を用意して、直ぐに申し込みしてください。 営業時間内であれば、30分から40分程度で審査結果が出て、その場でローンカードの発行を受けられます。 ローンカードが手に入れば、ATMを使っていつでも好きなときにお金を借りられるようになります。 無人契約機は土日祝日や、平日の夜間も稼働しているケースが多いため、緊急時には助かるかもしれません。 平日の日中で時間が取れる方は、店頭窓口で対面手続きするのが早いでしょう。 30分程度で審査が完了してローンカードが手渡され、直ぐに借り入れ可能となります。

更新履歴